乾燥肌にアルケミー

ここ1年の間に、「自分の肌が乾燥しやすくなった」と感じています。

住環境が変わったこともあると思いますが、顔だけでなく、体中が乾燥しています。

ただ乾いているだけならいいのですが、乾燥からくるかゆみはれは悩みの種です(涙)

アルケミーを使い続ける事で、1年中悩みをしらない肌になればいいなーと思っています。

乾燥肌の人は、手を使用してたっぷりの泡を作ってから力を入れすぎないように洗顔するといいそうです。

アルケミーの洗顔料なら、簡単に泡が作れるのでやさしく洗えますね。

肌の保湿には、「セラミド」が有効らしいですが、アルケミーの場合はクリームにセラミドが配合されています。

アルケミーのクリームは1個7,000円するので、ちょっと買うのを躊躇してしまいます・・・

ただ、セラミドはもともと高価な成分なので、安価をうたっているセラミド製品は避けた方がいいみたいでいす。

セラミドにも安いセラミドと高いセラミドがあって、高いセラミドの方が人の肌に近いようです。

乾燥肌がひどくなると敏感肌になるそうです。

一度敏感肌になってしまうと、正常な状態にするまでにある程度の時間はがかかるそう。

できれば乾燥肌であるうちにアルケミーで肌を健康な状態に戻せたらいいですよね。

酵母発酵エキスのベガルに頑張って働いてもらわないと。

『年齢を重ねてもハリのあるうるおい肌を持続するために必要不可欠なのは、高級な化粧品ではなく、たとえ簡素でも理に適った方法で確実にスキンケアを行うこと』

アルケミーは、他の発酵系コスメよりはお支払いがきつくないようです。

アルケミーのパンフレットを良く読んで、お肌を刺激しないお手入れ方法をマスターしたいですね。

40代を過ぎても、まわりから羨まれるような美肌を維持している人は、とても努力をしているそう。

わたしも、毎日のアルケミーでこれからでも美肌を目指して頑張ろうと思っています!

アルケミーでできないこと

 

10日間のトライアルで肌の質感の変化を感じることができたアルケミー。

これはGOサイン!ということで、本製品の購入に踏み切りました。

本製品ともなると、お値段もそれなりにしてくるので、さらにアルケミーについて調べてみる事にしました。

調べた内容は、「アルケミー基礎化粧品でできないこと」についてです。

アルケミーは保湿をメインにしている基礎化粧品であることはすぐ分かります。

もう一歩踏み込んで調べてみると、実は「美白」ができないことが分かりました。

できないと言ってしまうとちょっと言い過ぎですね。

 

お肌が健康であれば、シミになる前に細胞が生まれ変わり白い肌を保てます。

アルケミーで肌の健康を維持できればシミもできないかもしれません。

ただ、アルケミーには、薬用美白化粧品に入っているような美白成分は入っていません。

これからできるシミを防ごうと思ったら、アルケミーの他に美白アイテムを取り入れることが大切です。

美白に関しての注意事項についても調べてみました。

・美白化粧品を活用して肌をお手入れしていくのは、美肌を作るのに高い効き目が見込めるが、それよりも日焼けを予防する紫外線対策を念入りに実施することが大事。

・店舗などで買える美白化粧品は医療用医薬品とは異なる。地道にスキンケアし続けることが必要。

・シミを何とかしたい時は美白化粧品も有効。入浴などで血液の循環をなめらかな状態にし、体に蓄積した老廃物を取り除くことも心掛ける。

・白い肌を自分のものにしたいと願うなら、一年中美白化粧品を用いてお手入れしなければならない。

・輝きのある白い素肌を作るには、美白化粧品を活用したスキンケアのみならず、食事や睡眠時間、運動量といった項目をチェックすることが欠かせない。

 

美白ひとつとっても、大切なことはたくさんあるんですね。

美白以外の美肌作りは全部アルケミーにまかせてしまえば楽ですよね。

お肌に直接つける基礎化粧品は、肌にいいものを選びたいですが、美肌の為には生活習慣の見直しなども必要なんですね。

美容って奥が深い・・・

ちなみに、紫外線対策なら、アルケミーでも可能です。

アルケミーのデイクリームは、SPF43、PA+++ で、野外でのイベントでも使えるくらいの強さがあります。

このデイクリームにも酵母発酵エキスが配合されているのでお肌に優しく使えそうですよね。

 

アルケミーで私に起きた変化

インターネットで買ったアルケミーのトライアルセット

 

 

メイク落としからデイクリームまで、アルケミーのすべての商品を

10日間試してみました。

 

40代に入って、ちょっと敏感になったかなーと思う事も多かったので、

新しい基礎化粧品が自分に合うか不安でしたが、

アルケミーは、使った時に痛みやはれも起こらず、とりあえず肌との相性はOK。

あとは効果を楽しみにして使い続けました。

 

10日間という短い期間でどんな変化が起こるか、半信半疑でした。

これまでにないくらい、鏡の前で自分の肌を見つめている時間が多くなりました。

で、10日後、どうなったかというと・・・

 

特にあんまり変化はありませんでした!!!

 

シミも消えてないし、小じわも10日前のまんまかな。

毛穴も開いていてまだ汚いし。。。

 

でも、肌を触ってみると、前の自分の肌とはちょっと違う感じが。

以前よりすべすべしていて、手ざわりもいいようです。

目で見てわかる違いはありませんでしたが、触ってみると何か変化が起きている模様!!!

昔はもっとざらつきもあったし、べとべとしていた感じです。

アルケミーを10日間使ってみて、肌の質感は変える事ができたみたいです!

40代でも肌質は変えることができるんですね。

この事実には感動も覚えました!

 

夫にも感想を聞いてみましたが、

「なんか分からないけど、でも良くなってるんじゃない?」と・・・。

効果があるのかないのかイマイチ分からない返答。

無頓着な夫が「良くなってる」ということは、良くなっているのかな。

 

効果は、自分が一番実感しているのが大事ですよね。

 

年齢を重ねると、お肌の細胞の生まれ変わりもどんどん遅くなるようです。

お肌のターンオーバーというらしいですが。

 

赤ちゃんのお肌ってぷりぷりしていて見た目にもハリがありますよね。

日焼けしてもシミもできずいつでもフレッシュな肌です。

年をとるといつまでも同じ細胞が居続けて、どんどん汚い肌になってしまいます。

お肌が保湿できると、お肌のターンオーバー能力も上がるそうです。

だから、アルケミーでお肌の若返りはある程度可能なのではないかと思います。

10日間でなかなかの効果を実感できると「これはアリかな」という判定が出せますね。

次回は、アルケミーの欠点について書いてみようと思います。

 

40代の人も使っているアルケミー

 

40代というと、アンチエイジング真っ只中なんでしょうか?

調べてみると、エイジングケアって人によって始める時期が異なるそうですね。

まあ、お肌の置かれている状況は人それぞれ、個人差があるので衰え始める年にも差があるのでしょう。

早い人だと20代後半から年齢ケアが必要みたいです。

私が20代後半の時は、まだエイジングケアって言葉自体そんなに主流じゃなかった気がします。

まだ20代なのに「エイジング」という言葉が付きまとうなんて、今の若い人はちょっと大変だな。

 

アルケミーのホームページって見た事ありますか?

私は、ネットサーフィンが好きなので、アルケミーの公式ホームページも結構くまなく見てしまいました。

そこに「愛用者の声」みたいなページがあるんですけど、

アルケミースキンケアのいい点について色んな人が色んなことを言っています。

読んでいると、「アルケミーって本当にスバラシイ」と思えてくるのは文章のちからでしょうか?

そこで気が付いたんですが、「愛用者の声」に載っている女性は、

みんな20代か30代なんです。

 

あれ?私はちょっと間違えちゃったかな?と一瞬青くなりました。

 

『年代の違う化粧品を買っちゃったのかしら?』

『でも、自分の肌には合ってるみたいだし。』

『間違ってたら、でもなんかちょっと恥ずかしい・・・』

 

そこで、インターネットでまだ検索してみました。

40代でアルケミーを使っている人を。

そしたら、結構いるんですね、40代のアルケミー使用者!

自分と同じ年代の人が使ってるって聞くと、やっぱり本当に安心できます。

私が参考にしたのは「40代の肌は、アルケミーを使ってどう変わるか?」という記事です。

同じブログ内で、アルケミーはどの年代の人でも使えるということが書いてあったのもすごくうれしかったです。

インターネットって色んな情報がすぐに取り出せて便利ですね。

このブログには、アルケミーの悪い点も載っていて参考になりました。

アルケミーは、とにかく保湿ができる基礎化粧品なので、

乾きを感じがちな40代には使い勝手の良いスキンケアだと思います。

新感覚?アルケミーの基礎化粧品

なかなかの好印象でアルケミーのトライアルセットはお買い上げできました。

私は、夜な夜なインターネットから申し込みましたが、

フリーダイヤルもあるので電話でも申し込めます。

 

申し込んだからには、いつ到着するのかなーと楽しみにしていましたが、

ちょっと待たされた感じです。

翌日出荷とまではいかずに、3日ぐらい経って小さ目の箱で届きました。

 

ルンルンで開けてみて、ちょっとびっくり。

アルケミーのトライアルセットは、ちょっと小ぶりです。

 

メイク落としと洗顔料は旅行にも持っていくのに十分な量ですが、

クリーム類は「こんな小さなテスター見た事ないかも」と思うくらい小さい。

同封のパンフレットを見ると、クリーム類は「パール大」使うと出ていて

『10日分ってこの位なのかな?』とちょっと微妙でした。

(実際は10日間使えました。たくさん塗りたい人には足りなくなる可能性もあるかも)

 

メイク落としと洗顔料は、かなり普通の使い心地でした。

ただ、数百円の物と比べると、なんというか高級感は感じましたね。

香りも、どこか深いし、肌あたりもなめらか。

洗顔料も、泡がどっしりしていて、

「この泡で窒息するかも」って思いました(笑)

 

ちょっとびっくりしたのが化粧水。

ぬると、割と早く浸透します。

アルコールも入っているので、蒸発している分もあるかと思いますが、

肌へもぐいぐい入っている感覚がありました。

 

美容液、クリーム、デイクリームも全部試しましたが、

どれをつけても肌の表面はあまりべとついていないのが不思議な感じでしたよ。

 

インターネットでアルケミーの口コミを見てみたんですけど

同じような感想を持った人が割と多くいました。

 

今まで、仕上げにオリーブオイルとかを使っていたので、

そういうオイル類に比べたら、アルケミーはかなりさっぱりしていると思います。

 

やや物足りなさを感じながらも、お肌は潤っているという感じもして、

アルケミーは私にとっては非常に新しい感じの基礎化粧品でした。

 

同じものをずっと使い続ける良さってあると思いますが、

たまには新しい物を試して、自分の知らないことを体験するのも大事かな、と

妙に人生訓のようなことを感じてしまいました。

 

アルケミーをお試しして気分が上がったせいか、

「今日は機嫌がいいね」と夫に言われてしまいました。

お肌が潤うと、心も潤うんでしょうか?

つづく。

アルケミーお試しは1,000円

前のページで、エスケーツーがどんだけ高いか書きました。

そして、私がこのブログで紹介している「アルケミー」。

 

こちらのお試しがおいくらか、というと・・・

 

1,080円 です。

 

 

やっぱりエスケーツーとは桁がひとつ違ってお安いですよね。

税金がかかるので80円ってちょっと余分ですけど。

 

1週間分のアルケミー製品全部が1,000円で、しかも送料が無料なんです。

これには、主婦の心は”ぐんにゃっ”とわしづかみされた感覚ですね。

 

ちなみにアルケミーのお試し(トライアルセットと呼ばれています)の

支払いは、クレカでなく現金で後払いです。

コンビニか郵便局に払い込み用紙を持って行って支払う方法ですね。

この支払方法にも、私は好感がもてました。

 

近頃は、なんでもネットで買っている私ですが、

何か買うごとに「パスワード」が必要なことって本当に多いんです。

「あ、いや、このお店からは多分今回だけ買う気がするんだけど

一度きりの買い物にパスワードを設定するのも無駄なきがするな」と思う事もしばしば。

パスワードって自分だけが分かってればいいので、変な話どうでもいいんですけど、

設定するからにはやっぱり覚えておかなくちゃいけない訳で。

でもいちいちパスワードは覚えてらんないのは分かってるから、紙に書いたりして。

でもパスワードって紙に書いておいとくとセキュリティ上あんまりよろしくないって言われていますよね。

もう、ほんと、何のためのパスワードなんだか。

 

話がちょっとそれましたが、

アルケミーは、トライアルセットを買う時にパスワードの設定はいらないんです。

そして、クレジットカード番号の入力も必要なし。

もしかしたら、トライアルセットでアルケミーを使ってみて肌に合わなくて

もうアルケミーとはご縁がないかもしれません。

だから、パスワードもクレジットカード情報も不要なのがすんごく嬉しいんですよね。

ご縁のないところにいつまでも自分の情報が残ってるって、考え始めるとすごく不安ですよね。

 

まあ、そんなこんなでアルケミーのトライアルセットは好感を持ってお買い上げできました♪

次回は、アルケミートライアルセットの使用体験について書いてみようと思います!

 

 

どうしてアルケミーを選んだの?

アルケミーはこんな化粧品です。

 

アルケミーってそこまで知名度は高くない気がします。

テレビのコマーシャルを見たこともないし、

周りにアルケミーを使っている人もいないし。

では、どうして私がアルケミーを知るに至ったのか・・・

 

始まりは「SK-Ⅱ」です。

SK-Ⅱ(エスケーツー)は有名ですよね。

テレビでCMが良く流れているし、雑誌にも良く載っています。

最近は、綾瀬はるかさんが宣伝に出てます。

昔は桃井かおりさんがエスケーツーの宣伝に出てました。

 

桃井かおりさんのイメージがまだまだ脳裏に焼き付いていて、

桃井さんの年齢から、エスケーツーは50代ぐらいの基礎化粧品だと思っていました。

それが今では綾瀬はるかさん。

すごくお若い方がターゲットになっているんですね。

 

話を元に戻しまして・・・

私が「お肌をなんとかしなくては」と思って最初に思いついたのが

このエスケーツーだったんです。

有名なお化粧品だったら「私の肌もなんとかなるんじゃないか」という安易な発想ですね。

もう、ちょっと手遅れ気味だけど、エスケーツーだったら、「ピテラの働き?」で自分の肌も変わるんじゃないか、と。

そこで、エスケーツーについて調べてみた所、目が点に。

 

皆さん、エスケーツーっていくらしてるかご存知ですか?

 

お試しのセットが1万円以上。(正確にいうと10,692円)

お試しだけで1万円超えてるなんて、、、

「気軽にお試し♪」とか言えないですよね。

 

それで、お試しじゃなくて本当の方の商品も、一つで1万円を余裕で超えるお値段なんです。

化粧品で1万円???

桁が一つ多いような・・・?

世の中の女性は、みんなこんなに美容にお金をかけているの・・・?

 

ものすごいカルチャーショック?っていうか

無知の知、ですかね。

 

エスケーツーは高すぎて、買えない、使えない。

 

じゃあ、エスケーツーと同じようなスキンケアでもっと値段の安いものはないか?

調べてみた所、「アルケミー」というスキンケアが検索結果に出てきたんです。

 

メーカーのホームページを見た所、

特に、エスケーツーの類似品とか、二番煎じって感じもしなくて、(当たり前か・・・)

口コミで「エスケーツーに似てるのに、コスパがいい」と広まった感じでした。

検索ってすっごい便利ですね。

『エスケーツーより安いのに、エスケーツーより肌にいい』と言ってる人もいてかなり期待できる感じ。

私は、酵母系の基礎化粧品を使った事がなかったのですが、

アルケミーは「酵母特有の匂いもエスケーツーより弱い」という口コミもありました。

酵母を使ったスキンケアには、独特な匂いがあるらしいです。

今なら「ああ、あんな風な匂いね」と分かりますが、知らない時は全然想像ができなくて、逆に興味を惹かれたって感じもします。

そんな感じで「アルケミー」というブランドを知り、

とりあえずお試しをしてみた、という訳です。

つづきは次号にて!!!

 

 

今からでも遅くない?!

 

わたくしごとですが、先日40歳になりました。

 

30代から40代に年代が変わるのは、正直ガッカリでした。

20代から30代に変わった時ほどの衝撃はありませんでしたが

40代になると、「もう戻れない・・・」的な絶望感。

(どこへ戻りたいんだ、自分?)

 

まだまだ遊んで、好きな事にも貪欲だった30代。

周りの友人が結婚、出産、そして親との別れを経験したりしているのに・・・

自分は趣味に、旅行に… 人生を謳歌しちゃってましたね。

 

40代になり、実感したのは体力の衰え

30代のうちに鍛えてなかったからか、ものすごく体調を崩しやすくなりました。

 

「ちょっと冷えたかな?」と思うと、次の日にはもう風邪をひいていたり

「今日はちょっと多めに歩いたぞ!」と自己満足した日の翌日は、

夜まで起きていられない位、疲労で眠気が襲ってきたり。

もう、ほんと、自分弱すぎ!

自分の虚弱体質に自分でもびっくりするほどです。

こんなんで50代、60代と進んでいけるのでしょうか?

すっごい不安。

 

そして、カラダの衰えと共にやってきたのは

肌の老化でした。

いやいや、肌の老化は随分前から始まっていたのかもしれません。

ただ、それに気がついていなかっただけかも。

40代という節目を迎えて、改めに顔を見てみたら、

おびただしい数のシミ

もう薄くならないであろうシワ

皮がめくれてるぐらいの乾燥

ひとつひとつがつながりそうになっている毛穴

あー、もう言うのも嫌なくらいに自分の肌の汚点が次から次へとでてくるじゃあありませんか!!!

旦那が「美意識」に無頓着なのも、良かったのか、悪かったのか・・・。

出会った頃の私は、もうすこし白くて、もっとつややかだったはずなんだけど・・・。

言いたいことは山ほどありますが、とにもかくにもスキンケアを見直さねば、と焦って取り寄せたのが

アルケミーです。

このブログで、私とアルケミーについてこれから少しずつ綴っていこうと思います。

今からでも遅くない?!スキンケア向上計画。

どうぞよろしくお願いいたします。